めなりの効果的な飲み方とは。いつ飲むのがベストか調べてみた。

めなりの効果的な飲み方とは。いつ飲むのがベストか調べてみた。

めなりの効果的な飲み方とは。いつ飲むのがベストか調べてみた。

目を酷使する現代人の強い味方、「めなり」。
「飲み始めたら目の疲れを感じにくくなった」、「パソコンやスマホを長時間使っても苦痛を感じなくなった」など、「めなり」を絶賛する口コミを多く目にします。
私も目の辛さに悩まされているので「めなり」を飲み始めることにしたのですが、どうせなら効果的に飲んでいち早くその効果を実感したい!
というわけで、「めなり」の効果的な飲み方について調べてみました。

 

公式サイトをしっかり読んでみたところ、「PC作業の多い方、TVやゲーム、スマホなどをよく利用される方は作業前にしっかりと飲んでいただくことをおすすめしております」と書かれていました。
「めなり」は服用後3〜4時間後から目を保護する成分が効き始める性質があるそうです。
「めなり」はサプリメントなので、薬とは違い基本的には飲む時間、タイミングについての決まりはありません。
ですが、効果を実感しやすくするには、目を使う時間帯の前、つまり朝か昼に飲むことが望ましいと言えます。
逆に、就寝前に「めなり」を飲むと、寝ている間に一番効果が出ることになってしまうため、効果を実感しづらくなってしまうというわけですね。

 

もちろん、どの時間帯に飲んでいても、継続して「めなり」を飲み続けることで、目を保護する様々な成分を摂取することが出来るので、次第に効果を実感出来るようになってくるのですが、より早く効果を実感するためには、朝、もしくは昼に飲むのがおススメと言えます。
サプリメントなので食前に飲んでも食後に飲んでも特に問題はありませんが、目を保護する役割を持つルテインという成分は脂溶性。
つまり脂に溶けやすい性質を持っています。
そのため、ルテインを効果的に摂取するには胃の中に脂がある状態、すなわち食後のほうが望ましいということになります。

 

結論として、「めなり」は朝食後(もしくは昼食後)に飲むのが効果的と言えます。
そしてもちろん何より大事なのは継続すること。
目安とされているのは1日2粒。
三日坊主で終わらせず、毎日しっかり摂取しましょうね!